Hill's Global Symposium - April 20, 2021
hgs-2021-bw-logo

HGS2021に登録する

私は、ヒルズの製品、キャンペーン及びその他のサービス等に関するニューズレターを受け取ることを希望します。 プライバシーポリシと利用規約を読み、これに同意します。

私は、ヒルズの製品、キャンペーン及びその他のサービス等に関するニューズレターを受け取ることを希望します。 プライバシーポリシと利用規約を読み、これに同意します。

もう、かゆみで悩まない!

今年最大のイベント

是非、ご参加ください!

最新のトピックス

犬アトピー性皮膚炎
  • 診断
  • 皮膚科オンライン診療
  • コンプライアンス
  • 治療
  • コミュニケーション

参加費無料

全てのコンテンツが無料でご視聴可能です。
是非、奮ってご参加ください!

言語を選択してください Elige tu idioma Choisissez votre langue WähledeineSprache Scegli la tua LINGUA Escolha seu idioma Kies je taal Выберитесвойязык 言語を選択してください 당신의언어를고르시오 選擇你的語言

イベント全体で利用可能な同時翻訳: Traducciónsimultáneadisponibleentodoel evento: 翻訳simultanéedissponibledanstoutl'événement: Simultanübersetzungereignisweitverfügbar: Traduzione simultaneaは、livello di eventoをdisponibileします: Traduçãosimultâneadisponívelemtodooevento: 同時通訳beschikbaarvoor het heleevenement: Синхронныйпереводдоступенповсемумероприятию: 生成家で翻訳翻訳: 이벤트전체에서동시번역가능: 活動圏圍內可コード行動収譯:

  • 英語
  • スペイン語
  • フランス語
  • ドイツ銀行
  • русский
  • イタリア語
  • ポルトガル語
  • オランダ
  • 日本語
  • 한국어
  • 中文

RACE承認CEポイント(日本対象外)

最大5.5RACEクレジット(時間)を獲得できます
  • 0.5RACEクレジット/ 30分の講義
  • AAVSBによって承認されました
イベントスケジュール

HGS2021プログラム

各講義は、0.5時間のCEクレジットでAAVSBRACEによって承認されています。

アトピー性皮膚炎(AD)は、人間に最もよく見られる炎症性皮膚疾患です。過去10年間で、ADを推進する主要なメカニズムの理解に革命が起こりました。現在、皮膚バリア機能障害と免疫調節不全がADの重要な特徴であることが知られています。新しい治療法は、皮膚バリア機能障害を標的とする病因に基づいており、ADを促進する免疫経路を極性化します。

このセッションでは、犬のそう痒の原因と、犬の患者の正しい原因を特定するための基本的な臨床的アプローチについて説明します。このトピックは、さまざまな差異間の特徴的な違いを概説しながら、臨床的に適用可能な方法で説明されます。

人間医学では、遠隔皮膚科学は、スマートフォン、タブレット、コンピューター、および適切なソフトウェアを使用して患者を評価する効率的な方法です。患者、親、またはペットの飼い主がビデオ機能を備えたソフトウェアをナビゲートできる場合に最適です。 Zoomのようなソフトウェアは、気になる肌の状態を視覚化するのに役立ちます。観察者が明確な口頭での説明を提供したり、臨床プロセスを強化するために静止画を送信したりできる場合、電話でも診断および治療できることも注目に値します。

マルチモーダル療法は、犬のアトピー性皮膚炎を治療する最善の方法についての私たちの考え方に大きな変化をもたらします。この概念の中で、ファンデーショントリートメント(コントロールの大部分を作成する)とアクセサリートリートメント(ファンデーショントリートメントが機能するのを助ける)の違いを認識することが重要です。ファンデーションとアクセサリーのトリートメントはそれぞれ、全体的な計画において独自の交差する役割を果たします。ファンデーション治療の場合、ターゲティングの概念は治療法の選択に役立つため、理解することが重要です。また、治療計画を「短期対長期」のアプローチとして組み立てることも(あなたとあなたのクライアントの両方にとって)役に立ちます。短期的には、即時の救済を提供することが最も重要であり、通常は薬物治療を伴います。長期的には、回避、フレア要因の制御、薬の効能の増強、予防戦略などの戦略は、患者の安全を最大化しながら生涯にわたる救済を生み出すのに役立ちます。

「獣医皮膚科の実践」には、必然的に多くのローション、ポーション、手品が含まれます。これらの慣行を「hocuspocus」と見なす人もいれば、「試行錯誤」と見なす人もいます…この講義では、獣医皮膚科の診断と治療に関して、獣医とクライアントの間で広まっているいくつかの神話を暴く方法について説明します。

このプレゼンテーションでは、犬のアトピー性皮膚炎の管理における特定の栄養素の使用を支持する証拠をレビューします。また、マルチモーダル療法の一環として犬のアトピー性皮膚炎に関与するメカニズムと戦う上で栄養が果たす役割を確認し、犬のアトピー性皮膚炎の犬のための新しい栄養ソリューションに関する情報を共有します。

アトピー性皮膚炎の適切な管理には、ペットの親の側で多くの行動が必要です。たとえば、診断テスト、適切な栄養、抗菌療法などを提供します。中心的な人々がアトピー性皮膚炎を管理する方法を考えると、この講演では心理学がどのように役立つかについて説明します。ペットの親が適切な行動を取るかどうか、そしてその理由を理解する。答えは、モチベーションと意欲の2つの問題に分けられます。動機付けは、保護動機付け理論(Rogers、1975)の観点から理解されます。これは、(i)脅威が深刻で発生する可能性が高いと評価され、(ii)提案された行動が可能性が高いと信じている場合に、人々が犬を保護するよう動機付けられることを示唆しています。脅威を減らすのに効果的であること。意志とは、動機(または善意)を行動に移す際に遭遇する課題を指し、制御理論(Carver&Scheier、1982)を参照して説明します。これは、目標を設定した(たとえば、ソリューションを提供する)ために人々が維持する必要があることを示唆しています。進捗状況を追跡し、必要に応じてアクションを実行します。講演の最後の部分では、心理学が獣医師が所有者と皮膚状態の(難しい)トピックを提起するのにどのように役立つか(たとえば、防御力をどのように減らすことができるか)、クライアントがソリューションを適切に提供できるようにする方法について説明します(たとえば、ステップバイステップでステップアプローチ)。

パネル・ディスカッション

スピーカー:  ドナルド・レオン、ダレン・バーガー、リチャード・ウサティーン、ダグラス・J・デボア、クリスティーナ・レストレポ、ダナ・ハッチンソン、トーマス・L・ウェッブ

この講義では、4年間にわたる画期的な研究、3つの臨床研究、2つの障害について説明します。食品および環境アレルギーと、両方の状態の管理に役立つことが臨床的に示されている単一の食品。

このセッションでは、皮膚科と栄養学に関連する一般的な神話を確認します。各神話に関連するクライアントの懸念に対処するための戦略が提供されます。また、食事に関連していると疑われる皮膚疾患のあるペットを管理する際の、クライアントとのコミュニケーションおよびコンプライアンスを達成するためのヒントを確認します。

マレイン酸オクラシチニブ(Apoquel®)とロキベットマブ(Cytopoint™)が利用できるようになったことで、犬のアトピー性皮膚炎の管理の成功率が高まりました。オクラシチニブは、犬のアレルギー性皮膚疾患の治療のために開発された合成ヤーヌスキナーゼ(JAK)阻害剤です。コルチコステロイドよりも有効性が高く、発症が早く、副作用が少ないです。アトピー性皮膚炎の犬の長期使用に安全で効果的であり、生活の質を改善することが示されています。 Cytopoint™は、犬のアトピー性皮膚炎に関連する臨床症状の制御が承認された最初のモノクローナル抗体(mAb)療法です。 Cytopointは、サイトカインのインターロイキン-31(IL-31)を標的にして中和するように特別に設計された、イヌ化されたmAbを含む注射剤です。比較的高い効能を持つこれらの薬を持つことは、アトピー性皮膚炎の管理に非常に有益でした。個々の患者にどの薬剤を選択するかという問題は、多くの変数に基づいていますが、ケースバイケースで発生する必要があります。プレゼンテーションでは、これらの薬剤を臨床現場でいつどのように使用するかについて説明します。

ソーシャルメディアはいたるところにあります!適切な種類の投稿があれば、獣医師やクライアントのための強力な教育ツールとして使用できます。皮膚科はそのような視覚的な専門分野であるため、ソーシャルメディアを介して写真を使用することは、クリニックの顧客や他の獣医クリニックを引き付ける楽しい方法です。ただし、コンテンツを新鮮に保ち、さまざまなフォロワーにアピールするには、さまざまな投稿を用意することが重要です。臨床病変から楽しい患者の写真まで、教える機会を利用しながら聴衆の関心を維持することは、微妙なバランスになる可能性があります。獣医病院の皮膚科サービスを成功させるための前後の写真、診療所内のアクションショット、ビデオなど、最適な種類の投稿を学びましょう。

パネル・ディスカッション

スピーカー:  ジェニファー・マクレイ、ジェニファー・A・ラーセン、ジュリー・チャーチル、ウェイン・ローゼンクランツ、アシュリー・ブルジョワ

お見逃しなく!

最もエキサイティングなCEイベントの1つに席を確保し、自宅の快適さから学びましょう!

コミュニティへの働きかけ

今すぐ登録!このウェブサイトに登録するたびに、Hill'sは$1 USD(最大$15,000)をLeague of VetaHumanzに寄付します。LeagueofVetaHumanzは、多様性、公平性、獣医学への参加を通じて卓越性に取り組んでいます。

ashley-b

Ashley Bourgeois、DVM、DACVD、動物皮膚科クリニックポートランド(米国)

Dr. Ashley Bourgeois、DVM、Diplomate ACVDは、2014年から理事会認定の獣医皮膚科医です。彼女は2016年からオレゴン州ポートランドで診療を行っています。Dr.Bourgeoisは、彼女の会社(Animalカリフォルニア、ケンタッキー、インディアナ、ジョージア、オーストラリア、ニュージーランドに拠点を置く皮膚科クリニック)。彼女は自己免疫性皮膚疾患、アレルギー、耳科学に強い関心を持っています。余暇には、ブルジョワ博士は野外活動、旅行、スポーツ観戦を楽しんでいます。彼女と彼女の夫は、娘、息子、そしてレスキューラボ/ボクサーのミックスで忙しいままです。 ブルジョワ博士は、ポッドキャストとソーシャルメディアのプレゼンス(The Derm Vet)を通じて、皮膚科と仕事と生活の統合について獣医師を教育することに情熱を注いでいます。

Christina Restrepo、DVM、DACVD、BluePearl専門およびフロリダの緊急ペット病院(米国)

理事会認定の獣医皮膚科医であるクリスティーナ・レストレポ博士は、2003年にフロリダ大学獣医学部を卒業しました。その後、ニューヨークの動物医療センターで小動物医学と手術の1年間のインターンシップを修了しました。フロリダ大学デイビス校の名門皮膚科レジデンシープログラムに受け入れられました。レジデンシープログラム中、レストレポ博士は、ドイツとイタリアでも発表した臨床研究で、米国獣医皮膚科レジデントリサーチ賞を受賞しました。 2009年、レストレポ博士は、米国獣医皮膚科大学の理事会認定外交官になりました。
それ以来、レストレポ博士はオーストラリアのカリフォルニアで働き、現在はフロリダで働いています。彼女は獣医皮膚科の分野に関して国内外の聴衆に講義することを楽しんでおり、完全にバイリンガルです[英語-スペイン語]。 Restrepo博士はまた、ペットと人間の両方の健康、栄養、環境に深く情熱を注いでいます。
Dana Hutchinson

Dana Hutchinson、DVM、DACVN、Hill's Pet Nutrition(米国)

ハッチンソン博士はニューハンプシャー州出身で、ノースカロライナ州立大学で獣医学の博士号を取得しています。卒業後、彼女はタフツ獣医救急治療施設で1年間のローテーション小動物インターンシップを行いました。ダナは、動物栄養学に専念することを選択した後、タフツカミングス獣医学部でトレーニングを続け、リサフリーマン博士の下で小動物臨床栄養学の研修を修了しました。 Danaは、小動物栄養学(American College of Veterinary Nutritionの外交官)の理事会認定を受けており、現在、マサチューセッツ州ボストンのAngell Animal Medical Centerで臨床栄養学者を務めるほか、Hill's Pet Nutrition in ScientificAffairsで働いています。彼女は、腎疾患、老年医学、および救命救急患者の栄養管理に特に関心を持っています。
darren-b

ダレンバーガー、DVM、DACVDアイオワ州立大学(米国)

ダレンバーガー、DVM、DACVDは、アイオワ州エイムズにあるアイオワ州立大学獣医学部の皮膚科准教授です。バーガー博士の研究対象には、臨床薬理学、マラセチア皮膚炎/中耳炎、およびウマ過敏症が含まれます。アイオワ州立大学を卒業し、アリゾナ州ギルバートの動物皮膚科で皮膚科研修を完了する前は、小動物の一般開業医として働いていました。
Douglas DeBoer

ダグラス・J・デボア、DVM、DACVD、ウィスコンシン大学(米国)

DeBoer博士は、カリフォルニア大学デービス校の獣医学部を卒業し、ミシガン州立大学とカリフォルニア大学デービス校で大学院教育を修了しました。 1986年に、彼はウィスコンシン大学マディソン校の獣医学部に加わり、現在は皮膚科の教授を務めています。彼の研究と臨床的関心は、犬のアレルギー性皮膚疾患に焦点を当てた、再発性および慢性の皮膚疾患の免疫学に集中しています。彼はAmericanCollege of Veterinary Dermatologyの外交官であり、American Journal of Veterinary Research and Veterinary Dermatologyの科学編集委員を務め、動物のアレルギー性疾患に関する国際委員会の元委員長を務めています。 DeBoer博士は、獣医皮膚科における200を超える臨床および研究出版物の著者です。

Jennifer A. Larsen、DVM、MS、PhD、DACVN、カリフォルニア大学デービス校(米国)

カリフォルニア大学デービス校獣医学教育病院栄養サポートサービスチーフ、カリフォルニア大学デービス校獣医学部分子生物科学科臨床栄養学教授ラーセン博士は、カリフォルニア大学デービス校で畜産学の学士号と修士号を取得しています。彼女はカリフォルニア大学デービス校で臨床栄養学研修を行う前は個人開業医でした。彼女はアメリカ獣医栄養学部で外交官の地位を取得し、栄養生物学の博士号を取得しました。彼女の現在の役割では、ラーセン博士は、UC Davis Veterinary Medical TeachingHospitalの栄養サポートサービスを通じて臨床栄養コンサルティングを提供しています。
彼女はまた、居住者と学生を指導し、獣医のカリキュラムと栄養生物学の大学院グループのために教えています。
Wayne-Rosenkrantz

ウェイン・ローゼンクランツ、DVM、DACVD、タスティンの動物皮膚科クリニック(米国)

ウェインローゼンクランツはカリフォルニア大学デービス校を卒業し、個人開業の研修を修了しました。彼はACVDの元会長であり、米国南東部のカリフォルニア、オーストラリアのパース、ニュージーランドのオークランドに拠点を置く動物皮膚科クリニックの共同所有者です。彼はACVDで承認された研修プログラムで研修医を積極的に訓練し、臨床研究試験に参加しています。彼は、小動物とウマの皮膚科に関する多くの記事と本の章を出版しており、「現在の獣医皮膚科:治療の科学と芸術」(モスビー)のテキストや、ミューラーとカークの第7版の治療セクションへの重要な貢献が含まれています。小動物皮膚科。彼はまた、「獣医アレルギー」(ワイリーブラックウェル)というテキストの共同編集者でもあります。彼は獣医皮膚科の国内および国際的な講演者として認められています。彼は、獣医皮膚科への貢献により、DVM Pharmaceutical Award ofExcellenceとFrankKrál賞を受賞しました。

Jennifer MacLeay

Jennifer MacLeay、MBA、DVM、PhD、DACVIM、Hill's Pet Nutrition(米国)

Jennifer MacLeayはオハイオ州立大学を卒業し、当初はミネソタ大学での研修と博士号の一環として、栄養、筋肉、骨の生理学に焦点を当てた大型動物内科を専門としていました。コロラド州立大学の学部に加わった後、彼女の研究は、人間の骨粗鬆症のモデルとして羊を使用して、骨の生理学に対する栄養の影響にまで拡大しました。 食事の酸塩基代謝とカルシウム生理学の彼女の理解は、最終的に彼女をヒルズペットニュートリションに導き、そこで彼女はFIC、ストルバイトとシュウ酸カルシウム尿路結石の管理のためのc / dマルチケア、体重減少のための代謝、シニアペットのための若々しい活力を含む画期的な研究を主導しました環境アレルギーの管理のためのダームディフェンス。 

グローバルクリニカルニュートリショングループのメディカルディレクターとして、臨床試験の設計と実施だけでなく、基礎研究や製品開発と機能を超えて連携することにより、栄養イノベーションの市場投入を支援しています。

Jennifer Mitchell

ジェニファー・ミッチェル、ヒルズペットニュートリション(USA)

過去5年間、ジェニファーミッチェルはヒルのペットニュートリションのグローバルマーケティングと広告に携わってきました。ジェニファーは、メルセデスベンツのアカウントでニューヨークを拠点とする広告代理店で働き始めました。彼女は過去9年間、倫理的なデータマーケティング慣行の使用を促進しており、データ&マーケティング協会の元会長、現在の顧問を務めています。

2017年、彼女はカンザスシティヤングデータドリブンマーケターオブザイヤーを受賞し、ウォッシュバーン大学のコミュニケーションクラスでゲスト講義を開始しました。

彼女のキャリアの過程で、彼女は日産、コダックデンタルイメージング、プラトペットトリート、ズプリーム、プランメカ、デルタ航空などを含むいくつかのブランドのマーケティングに携わってきました。

ジェニファーは現在、ヒルの処方ダイエットのグローバルマーケティングと、皮膚科および泌尿器の治療条件に関するイノベーションを監督しています。

Julie Churchill

ジュリーチャーチル、DVM、PhD、DACVN、ミネソタ大学(米国)

ミネソタ大学獣医学部教授-臨床栄養学アソシエイトメディカルディレクター-専門、一次および緊急ケアサービス

ジュリーチャーチル博士は、ミシガン州立大学で理学士号と獣医号を取得しています。彼女はジョージア大学の医学と外科で小動物のインターンシップを修了しました。その後、ミネソタ大学で研修医と小動物内科および臨床栄養学の博士号プログラムを修了しました。 彼女の博士課程の研究は、老年医学における腎老化の分野でした。 

卒業研究の最後の数年間、チャーチル博士はUMN獣医医療センターで小動物の臨床栄養サービスを開発し、大学で新たに創設された教員の地位に留まりました。ミネソタの。栄養サービスを作成してから5年以内に、彼女はそれを経済的に自立させるためのモデルを開発しました。

チャーチル博士は、American Academy of Veterinary Nutrition(AAVN)のメンバーであるAmerican College of VeterinaryNutritionの外交官です。彼女は現在、ミネソタ大学獣医医療センターの専門、一次および緊急医療サービスの准医療ディレクター、准教授、および栄養サービスのディレクターです。

チャーチル博士は、健康と予防ケアの維持における栄養の役割、肥満の予防と治療、老人患者の栄養ニーズ、腎臓病の栄養管理、救命救急栄養など、小動物の臨床栄養のあらゆる側面に情熱を注いでいます。彼女はまた、すべての患者のケアに栄養をうまく統合するために、クライアントとのコミュニケーションを教え、改善することに興味を持っています。彼女はタスクフォースを務め、体重管理のためのAAHAガイドラインを作成しました。彼女はPetNutrition Alliance(PNA)の会長を務め、PNAの教育ツール委員会で獣医診療チームと消費者向けの信頼できる栄養情報の「Go-to」Webサイトの開発に取り組んでいます。チャーチル博士はまた、ペット肥満予防協会の理事を務めており、世界的なペット肥満イニシアチブの共著者および提唱者です。

Donald-Leung

Donald Leung、PhD、MD、National Jewish Health(USA)

Leung博士は、National Jewish Healthの小児アレルギー免疫学のEdelstein議長であり、コロラド大学デンバー医科大学の小児科教授です。彼はシカゴ大学で医学博士号を取得し、ボストン小児病院で小児インターンシップと研修を行い、1979年から1981年までボストン小児病院でアレルギー免疫学のフェローを務めました。その後、ハーバード大学医学部の教員に加わり、小児科の助教授(1983)および准教授(1987)に任命されました。 1989年以来、Leung博士は、National JewishHealthの小児アレルギー免疫学の責任者を務めています。

1993年に、彼はASCIのメンバーに選出され、川崎病での独創的な研究に対して1995年から2005年までNIH / NHLBIMERIT賞を受賞しました。彼は、米国アレルギー・喘息・免疫学アカデミー(AAAAI)および米国アレルギー・免疫学委員会(ABAI)の理事会の元メンバーです。 1998年から2015年の間、彼はThe Journal of Allergy and ClinicalImmunologyの編集長を務めました。彼は現在、アレルギー、喘息、免疫学の年報の編集長です。 Leung博士は、800を超える出版物の著者であり、H指数は118であり、35を超えるNIH助成金と20の特許を取得しています。 1997年に、彼は小児科の優れた研究に対してE.ミードジョンソン賞を受賞しました。 2002年に、科学情報研究所(ISI)は、彼を免疫学で世界で最も引用数の多い著者のリストに指名しました。 2004年から現在まで、彼はNIH / NIAIDアトピー性皮膚炎研究ネットワークの主任研究員であり、アトピー性皮膚炎の細菌およびウイルス感染の根底にあるメカニズムを研究しています。彼はまた、2005年からNIH / NIAID CoFARのデンバーサイトPIを務めています。2012年には、The Journal of Allergy and Clinical Immunologyの編集長としての貢献により、AAAAI Distinguished Service Awardを受賞し、USNewsと米国の医師のトップ1%の1つとしてのワールドレポート彼はAAAAIで多数の講義を行い、世界中で学術賞を受賞しています。 2016年、AAAAIはDonald Leung / JACI Editors AAAAI Foundation Career DevelopmentAwardを設立しました。 2018年、彼はアトピー性皮膚炎の研究でAAAAI Distinguished ScientistAwardを受賞しました。 2019年、EAACIの公式出版物であるAllergyは、彼を「アレルギーと免疫学の伝説」として表彰しました。

richard-u

リチャード・ウサティーン、MD、テキサス大学ヘルス(米国)

リチャード・ウサティーン博士は、あらゆるレベルの医療提供者に教え、サービスの行き届いていない脆弱な人々に思いやりのある医療を提供することにキャリアを捧げてきました。彼は、テキサスヘルス大学サンアントニオ校の家庭医学および皮膚科および皮膚外科の教授です。彼はコロンビア医科大学院から医学博士号を取得し、UCLAで家庭医学研修を修了しました。 彼は10冊の本の著者であり、「オフィス診療における皮膚科および美容処置」、「皮膚凍結手術」、および「家庭医学のカラーアトラス」の第3版を含む8冊の本の筆頭著者です。 彼は120以上のジャーナル記事を発表し、数多くの教育および人道的賞を受賞しています。 2000年に、Usatine博士は、米国医科大学協会による医学におけるヒューマニズム賞の唯一の全国的な受賞者でした。
Usatine博士は、2006年にUniversity Health System Skin Clinicを設立しました。彼は、米国で唯一の十分なサービスを受けていない皮膚科家庭医学フェローシッププログラムのプログラムディレクターです。彼はまた、彼の大学で家庭医学、内科、皮膚科研修医の教育にも携わっています。彼は、6つの学生が運営する無料クリニックとこれらのクリニックに関連する2つの医学生の選択科目を含むプログラムの創設ディレクターです。 Usatine博士は、大学のグローバルヘルスプログラムの積極的なメンバーであり、2009年から毎年1回のグローバルヘルストリップの教員リーダーを務めています。Usatine博士は、2006年からAAFP皮膚状態および疾患コースの議長を務め、 1998年に開始されたコースの創設教員。彼は2009年にプライマリケアプロバイダーに皮膚鏡検査を教え始め、現在は国際的な聴衆に皮膚鏡検査を教えています。彼は「ダーモスコピー:2ステップアルゴリズム」と呼ばれるスマートフォンとタブレット向けの無料のインタラクティブアプリを共同開発しました。彼は、国際皮膚鏡学会の理事会に選出された最初のかかりつけ医です。 Usatine博士は、80を超える皮膚科教育ビデオとInteractive Dermatology AtlasWebサイトも開発しました。彼の臨床写真は、多くの本、モノグラフ、ジャーナル記事、教育Webサイト(VisualDxやAmerican Cancer Societyを含む)で使用されています。彼はJournalof Family Practiceの副編集長であり、PhotoRoundsコラムの編集者でもあります。 Usatine博士は、VisualDxの家庭医学編集者です。
thomas-w

Thomas L. Webb、シェフィールド大学(英国)

Thomas Webbは、シェフィールド大学の心理学の教授であり、目標を達成するために人々が思考、感情、行動をどのように制御するかという自己調整に関する研究を教え、追求しています。たとえば、人々はどのようにして犬の体重を減らし、健康を維持するのを助けますか?彼は、モチベーション、計画、自己監視、感情などのトピックに関する約100の論文を発表しています。
Marina Debernardi

マリーナ・デベルナルディ、DVM、博士号、ヒルズペットニュートリション(米国)

マリーナ・デベルナルディ博士は、ヒルズペットニュートリションのグローバルチーフ獣医官を務めています。 Debernardi博士はSAPのメンバーを務めています。 デベルナルディ博士は、世界の獣医市場と潜在的な開発機会について優れた理解を持っています。獣医師として、彼女は、Clinical TranslationalPlatformによって検討されたプロジェクトに関する批判的で学際的な洞察を提供します。彼女は現在、ヒルのグローバルリーダーシップチームの一員であり、グローバルコマーシャルチームのメンバーであり、戦略の策定、世界中の獣医専門家のネットワークの実現、ヒルの科学的公平性と商業的機会の完全な統合を担当しています。 
彼女の現在の焦点は、デジタルプラットフォームが獣医の職業に与える影響、獣医とクライアント間のつながりを強化するものとしての遠隔医療の役割を理解すること、そして疫学と洞察に関する栄養の推奨とデータ収集を推進する機会の両方を提供することです。獣医学の博士号を取得した後、Debernardi博士は、イタリアのパドヴァ大学で繊維とその消化への影響に焦点を当てた栄養学の博士号を取得しました。 1994年にヒルズペットニュートリションに入社する前は、トリノ大学獣医学部栄養学部でインターンを務めた後、契約教授を務めました。マリーナは、獣医の洞察、ビジネス、職業、臨床栄養に焦点を当てて、世界中のさまざまな任務と場所で、学術環境から業界へと彼女の経験を進化させました。

スピーカー名

DVM、DABVP(猫)、バイタウン猫病院、メリベール猫病院(カナダ)

スピーカーは、ダルハウジー大学(カナダ、ノバスコシア州)で理学士号を、グエルフ大学オンタリオ獣医大学でDVMを取得しています。

彼女は1990年から猫の診療に従事しており、1997年に猫の診療で理事会の認定を取得しています。彼女はカナダのオタワで2つの猫の専門診療の一部を所有しています。彼女はアメリカ協会の元会長です。猫の施術者と獣医評価のための国際評議会の理事会メンバー。彼女は獣医ジャーナルの査読者であり、多くのジャーナル記事の著者でもあります。彼女はCanadianVeterinary MedicalAssocの受賞者です。小動物施術者賞(2010)、NAVC小動物スピーカーオブザイヤー賞(2013)、および猫医学への顕著な貢献に対する国際猫医学協会/ヒルズペットニュートリション賞(2013)。彼女は2つの教科書の編集者および共著者です:猫–臨床医学と管理(2012)と猫の内科における8月の相談、第7巻(2015)。

ジョディ・ルリッチ

DVM、PhD、DACVIM、ミネソタ大学(米国)

ジョディ・ルリッチ博士はミネソタウロリスセンターの所長です。彼は腎臓学と泌尿器科を専門としており、この分野の臨床研究者および教育者として国際的な評判を得ています。獣医学への彼の貢献の中には、膀胱から数秒で尿石を除去する非外科的方法である尿路水力推進を無効にする技術があります。 2007年、彼はフロリダ州オーランドで開催された北米獣医会議で年間最優秀講演者に選ばれました。彼は2001年と2013年にNorden-Pfizer-ZoetisDistinguished TeacherAwardを受賞しました。

スーザンリトル

DVM、DABVP(猫)、バイタウン猫病院、メリベール猫病院(カナダ)

スーザンリトル博士は、ダルハウジー大学(カナダ、ノバスコシア州)で理学士号を、グエルフ大学オンタリオ獣医大学でDVMを取得しています。彼女は1990年から猫の診療に従事しており、1997年に猫の診療で理事会の認定を取得しています。彼女はカナダのオタワで2つの猫の専門診療の一部を所有しています。
彼女はアメリカ協会の元会長です。猫の施術者と獣医評価のための国際評議会の理事会メンバー。彼女は獣医ジャーナルの査読者であり、多くのジャーナル記事の著者でもあります。リトル博士は、Canadian Veterinary MedicalAssocの受賞者です。小動物施術者賞(2010)、NAVC小動物スピーカーオブザイヤー賞(2013)、および猫医学への顕著な貢献に対する国際猫医学協会/ヒルズペットニュートリション賞(2013)。彼女は2つの教科書の編集者および共著者です:猫–臨床医学と管理(2012)と猫の内科における8月の相談、第7巻(2015)。

パトリシア・ヴェルドゥイン

MBA、PhD、Colgate-Palmolive(米国)

Patricia Verduinは、Colgateの最高技術責任者であり、革新的な製品と技術を開発するチーム、および製品の品質、コンプライアンス、安全性を確保するチームのグローバルなリーダーシップを発揮しています。彼女のチームには、外部イノベーション、初期研究、製品開発を含むグローバルな研究開発が含まれます。
彼女はまた、製品の安全性、品質、規制、および製品の持続可能性にも責任を負っています。パットは2007年にグローバル研究開発担当副社長としてコルゲートに入社し、オーラルケア、パーソナルケア、ホームケアの各カテゴリーで製品開発を担当しました。彼女は2010年に最高技術責任者の役割を引き受け、2011年に執行役員に選出されました。コルゲートに入社する前は、ワシントンDCの食料品製造業者協会の最高科学規制責任者を務め、政府の重要な利害関係者に消費者製品業界を代表していました。それ以前は、ユニリーバ、ナビスコ、コナグラフーズで研究開発とサプライチェーンの役割に20年以上携わっていました。パットは、基礎研究、製品開発、製品の商品化、およびサプライチェーンで上級管理職を務めました。パットは、デラウェア大学で学士号を、フェアリーディキンソン大学で財務のMBAを、ラトガーズ大学で食品科学の博士号を取得しています。彼女はPolyOneCorporationの理事であり、ニュージャージー州のバレー病院の評議員を務め、環境健康科学、研究、医学に関する医学研究所の円卓会議に参加しています。彼女は、「高等教育の変化に影響を与える」ことを担当する全米科学アカデミー委員会のメンバーとして任命されました。パットはまた、国際生命科学研究所の理事会および消費者専門製品協会の理事会にも参加しています。

ジェシカ・フォーゲルサン

DVM、CVJ(米国)

ジェシカ・フォーゲルサン博士は、カリフォルニア州サンディエゴ出身の獣医でベストセラー作家です。彼女の受賞歴のあるウェブサイトpawcurious.comは、インターネット上で最初の獣医が作成したサイトの1つです。彼女は、デジタル時代のコミュニケーション、物語のストーリーテリング、パーソナルブランディングについて頻繁に講義しています。
彼女は業界と全国の出版物の両方に定期的に寄稿しており、NatGeoのAnimals GoneWildの特集エキスパートでした。創設編集ディレクターとして、Dr。Vogelsangは、獣医コミュニティから20万人以上のファンがいるサイトであるDrAndyRoark.comの立ち上げを支援しました。彼女のデビュー本、All Dogs Go To Kevinは、2015年7月に優れたレビューで出版され、Amazonのベストセラーです。彼女が次の本をスケッチしていないとき、フォーゲルサン博士は、遠隔医療からソーシャルメディアエコスフィアにおける危機的コミュニケーションまで、今日の獣医環境におけるコミュニケーションの役割を調査します。

エリザベスグリーン

MBA、CEO /創設者ブリーフメディア(米国)

エリザベスグリーンはブリーフメディアのCEO /創設者であり、獣医学の現実の問題を解決するためにクラス最高の製品を構築するための情熱的な起業家精神を持っています。彼女と彼女のチームは、獣医学で最も広く読まれているジャーナルであるClinician'sBrief®と、市場をリードする獣医用医薬品のリファレンスであるPlumb'sVeterinaryDrugs®を作成しています。
Greenは、前向きな企業文化を構築することに情熱を傾けており、GreatPlaceToWork®を含め、地域、州全体、および全国の家族向けの職場で認められたリーダーとしてBriefMediaを設立しました。ペットの健康を改善するという彼女の取り組みは、非営利団体であるMission Rabiesとのパートナーシップを通じて米国を超えて広がり、2030年までにアフリカとインドで犬の咬傷による狂犬病の撲滅を支援しています。GreenはPurdue University(Purdue University( BS、Animal Science)は、オクラホマシティ大学でMBAを取得しており、メディア業界と獣医業界の両方でいくつかの理事会に積極的に参加しています。グリーンの影響力と革新性は、複数の賞を通じて認められています。 Greenは、Folio:Top Women in Mediaの起業家精神、メディアでの2019 Gertrude Crain Award、動物の健康での2020 Feather in Her HatAwardによって表彰されました。仕事をしていないとき、グリーンはサイクリングを楽しんでいます。音楽を聴く;彼女のテリアレスキューであるインディとフェッチをする。そして彼女の子供たち、ライアンとエリンを応援しました。

Jolle Kirpensteijn

DVM、PhD、Diplomate ACVS&ECVS、Chief Professional Veterinary Officer、Hill's Pet Nutrition US

Jolle Kirpensteijnは、1988年にオランダのユトレヒト大学獣医学部を卒業し、1989年にアメリカ合衆国のジョージア大学で小動物医学と外科のインターンシップを終了しました。
インターンシップ後、彼は米国カンザス州立大学で小動物手術の研修と修士号を取得しました。研修医の後には、米国コロラド州立大学比較腫瘍学ユニットで外科腫瘍学のフェローシップが行われました。 1993年、Jolleはヨーロッパに戻り、ユトレヒト大学で腫瘍内科および軟部組織外科の職に就きました。 2005年2月、彼はコペンハーゲン大学の外科教授に任命され、2008年8月にユトレヒト大学の軟部組織外科の教授に任命されました。 Jolleは、アメリカおよびヨーロッパの獣医大学の外交官です。 Jolleは、American College of Veterinary Surgeons(ACVS)のFounding Fellow in Surgical Oncology(2012)およびMinimally Invasive Surgery(Small Animal Soft Tissue)(2017)の称号を授与されました。 2013年9月、Jolleは、米国のHills PetNutritionでChiefProfessional RelationOfficerの職に就きました。ここでは、彼は会社と専門職全体の間のインターフェースとして不可欠な役割を果たしました。 2018年に、彼は米国の最高専門獣医官に昇進し、米国でのすべての専門的活動を主導しています。 Jolleは、100以上の査読記事を発表し、世界中で250以上の講演を行い、2007年に権威あるBSAVA Simon Award、2009年にHills Voorjaarsdagen Excellence in Healthcare Award、WSAVA President's Award、オランダコンパニオンアニマルメディシン協会の名誉会員を受賞しました。 (NACAM)2017年。彼の主な臨床および研究対象は、専門的なソーシャルメディアとデジタルイノベーション、外科腫瘍学、内視鏡および再建手術です。 purrpodcast.netで彼のポッドキャストをチェックしてください。

ジャネット・ドンリン

AVMA Professional Liability Insurance Trust(USA)の最高経営責任者

ジャネット・ドンリン博士は、2016年に副社長兼最高経営責任者としてAVMAに戻りました。彼女はAVMAの指導者、ボランティア、スタッフと緊密に協力して、AVMAメンバーに代わって提唱し、動物と人間の健康を改善するために獣医学の科学と実践を進歩させています。
彼女は最近、AVMA Professional Liability InsuranceTrustの最高経営責任者を務めました。ドンリン博士は1991年に最初にAVMAに参加し、17年間の在職期間中、彼女は多くの指導的役割を果たしました。ドンリン博士は、イリノイ州、ミネソタ州、ウィスコンシン州で認可された獣医師であり、米国協会幹部協会から認定協会幹部資格を取得した最初の獣医です。彼女はミネソタ大学獣医学部で獣医学の学位を取得し、ミネソタ医科大学の獣医技術者プログラムを卒業しています。

ニッスリンナキブ

MD、ミネソタ大学(米国)

私はミネソタ大学の女性泌尿器科および尿流動態検査のディレクターです。私の診療では、骨盤臓器脱、失禁、骨盤痛、再発性尿路感染症、脊髄損傷、神経因性膀胱の患者のケアが必要です。また、これらの問題の治療を進めるための研究を行っています。
これには、泌尿器疾患のプロセスに寄与する可能性のある尿中バイオマーカーの特定、膀胱膣瘻を治療するための代替的で侵襲性の低い方法の研究、特定の失禁の問題の素因と説明をする解剖学的要因の評価が含まれます。私は、腹圧性尿失禁の非侵襲的治療を研究するための臨床試験のPIです。私はまた、教育を大切にし、ラウンド、教訓的なセッション、および解剖学的トレーニングラボを通じて、女性の骨盤内科と再建について住民と医学生に教える上で不可欠な役割を果たしています。さらに、私は一般の人々の意識を高め、女性の泌尿器科の問題について患者と一般の人々を教育するよう努めています。

ジョディ・ウェストロップ

DVM、PhD、DACVIM、UC、Davis School of Veterinary Medicine(USA)

Westropp博士は、1997年にオハイオ州立大学でDVMを取得しました。その後、ニューヨーク市に移動し、動物医療センターで小動物医学と外科の1年間のインターンシップを行い、内科研修と博士号取得のためにオハイオ州に戻りました。
彼女は2001年にアメリカ獣医学内科の理事会認定を受け、2004年に博士号を取得しました。現在、カリフォルニア大学デービス獣医学部の獣医学および疫学部の教授を務めています。彼女の主な研究対象は、犬と猫の下部尿路障害です。彼女はまた、UCDのジェラルドV.リン尿路結石分析研究所の所長であり、UCDの獣医医療継続教育の所長でもあります。

ロナルド・コービー

DVM、PhD、DECVCN、ユトレヒト大学獣医学部(オランダ)

ロナルド・ジャン・コービーは、2003年12月にユトレヒト大学でDVMの学位を取得しました。一次コンパニオンアニマルの練習でいくつかの一時的な役職を務めた後、ヘールフゴヴァールのディーレンクリニエクトオセフッドに雇われ、コンパニオンアニマルの獣医として2年間働きました。 2006年12月、彼は2016年に売却したプライベートプラクティスを開始しました。
彼は2011年9月にサラゴサ(スペイン)の獣医栄養学(ヨーロッパ獣医比較栄養学部の外交官)で理事会認定試験に合格しました。彼は28日に博士号(犬と猫の栄養と骨格の健康)を守ることに成功しました。 2014年8月。2013年3月に彼は大学教育資格を授与されました。現在、彼はユトレヒト大学獣医学部の助教授として雇用されています。

S. Dru Forrester

DVM、MS、DACVIM、Hill's Pet Nutrition、Inc。(米国)

S. Dru Forrester博士は、オーバーン大学からDVMを受け取り、テキサスA&M大学でインターンシップ、小動物内科研修、および修士号を取得しました。彼女はテキサスA&M大学、バージニア工科大学、ウェスタン健康科学大学の教員であり、さまざまな学術的役割を果たしてきました(教授、小動物医学部長、学生問題担当ディレクター、臨床プログラムの暫定准学部長) )。
彼女は2005年にHill'sPet Nutritionに入社し、現在はグローバルサイエンティフィックアフェアーズのディレクターを務めています。彼女はまた、カンザス州立大学の臨床科学部の非常勤教授でもあります。彼女の主な関心分野は、腎臓学、泌尿器科、臨床栄養学、および優れた教育です。 Druは、他の人の学習を支援することに情熱を注いでおり、全国的なNorden / Pfizer Distinguished TeacherAwardを含む多数の教育賞を受賞しています。 Druは、カンザス州ローレンスに夫(獣医であり、現在は臨床心理士)と一緒に住んでいます。彼女の娘は現在、テキサスA&M大学の1年生の獣医です。 Druの個人的な興味には、武道(現在、テコンドーの5度の黒帯)、テニス、写真、言語の学習、カンザス大学の女子バスケットボールのサポートなどがあります。

ジェーンショー

DVM、PhD、コロラド州立大学(米国)

ジェーンショー博士は、獣医-クライアント-患者の相互作用の専門家として認められています。彼女の論文は、獣医師-クライアント-患者のコミュニケーションに関する最初の科学的研究であり、彼女の出版物は、獣医師とそのクライアントおよび動物患者との間のビデオ録画された会話の分析に焦点を当てています。
ショー博士は1994年にミシガン州立大学で獣医の学位を取得し、2004年にカナダのオンタリオ州グエルフ大学で疫学の博士号を取得しました。ショー博士はコロラド州立大学でコミュニケーションカリキュラムを実施し、臨床面接スキルを強化しています。同僚やクライアントとのパートナーシップによるプロのパフォーマンス。

シェリー・ティギエルスキー

YURU™マインドフルネス+瞑想(USA)

フォーチュン1000組織に没頭し、企業アメリカで20年近く過ごした後、過去10年間、公的および非公開企業の上級幹部として、シェリーは「現代生活のマインドフルネス」をフルタイムで教えるようになりました。十分なサービスを受けていないコミュニティ、社会正義やコミュニティ組織、非営利団体、公立学校に多くの時間を費やしている「セルフケア活動家」。
彼女は、瞑想をすべての人が利用できるようにする実践的なアプローチで知られています。 Shellyは、マインドフルネスに基づくストレス低減(MBSR)の認定インストラクターであり、Search Inside Yourself Leadership Institute(SIYLI)の認定教師であり、Googleで設立および開発されたマインドフルネスコースを提供しています。彼女はマイアミ大学で学士号を、コロンビア大学で修士号を取得しています。シェリーは、米国で銃による暴力や銃乱射事件の影響を受けたコミュニティにトラウマに基づいた癒しの実践を提供することに深く関わっており、パークランド、ピッツバーグ、ラスベガス、オーロラ、コロンバインなどを代表する生存者と被害者の家族のためのリトリートを主導してきました。彼女は2019年6月にMindfulMagazine®の表紙に取り上げられ、この分野での彼女の仕事と、フロリダを拠点とする15,000人を超える瞑想コミュニティを取り上げました。シェリーは、2014年にサウスフロリダビジネスジャーナルによって「40歳未満の40人」の受賞者の一人に選ばれ、2015年にはこの地域で「最も影響力のあるビジネスウーマン」に選ばれました。 2019年、マインドフルマガジンは、シェリーを「マインドフルネスの10人の強力な女性」の1人に指名しました。彼女は、いくつか例を挙げると、ディズニー、CHGヘルスケア、マイアミヒートなどの組織と協力してきました。

J.スコットウィーズ

DVM、DVSc、DipACVIM

ウィーズ博士は獣医内科医であり、アメリカ獣医内科大学の外交官です。彼は、グエルフ大学オンタリオ獣医大学の教授であり、グエルフ大学公衆衛生および動物園センターの所長であり、オンタリオ獣医大学教育病院の感染管理責任者です。

ケリー・タッペンデン

イリノイ大学シカゴ校(米国)博士号

ケリー・タッペンデン博士は、イリノイ大学シカゴ校の教授兼運動学栄養学部長です。タッペンデン博士の研究プログラムは、腸の障害、腸の適応のメカニズム、および患者の栄養失調に焦点を当てています。これらの貢献に対して、彼女は複数の賞を受賞し、100を超える査読論文を発表し、400を超える招待講演を行いました。
Tappenden博士は、2008-09年に米国非経口および経腸栄養学会の第33代会長、2009-13年に米国消化器病学会の栄養、代謝および肥満セクションの議長を務め、米国栄養学会を代表しています。実験生物学会連合について。現在、彼女は非経口および経腸栄養ジャーナルの編集長です。

エヴァ・ファロー

VMD、PhD、DACVIM、ミネソタ大学(米国)

エバ・ファロー博士は、ペンシルベニア大学から獣医の博士号を取得しました。ペンシルベニア大学で小動物インターンシップを修了した後、彼女は中西部に移り、小動物内科の研修医を務めた後、ミネソタ大学で犬の尿路結石の代謝および遺伝的危険因子に関する博士号を取得しました。
彼女は現在、ミネソタ大学の小さな内科および遺伝学の助教授であり、ミネソタウロリスセンターのメンバーです。彼女の主な関心分野には、遺伝性、泌尿器、内分泌、および代謝障害が含まれます。

ダニエル・K・ランバート

クワインバーグバレー獣医病院で診療マネージャーとして働いていたダニエルは、少し…ソーシャルメディアとオンラインマーケティングに夢中になりました。 2013年に、彼女はSnoutSchool.comを開始しました。これは、獣医ビジネスに自分らしくあり、ソーシャルメディアを利用してストーリーを共有することを教えることを目的としたウェブサイトです。約9,000人の獣医専門家が、彼女のオンラインコースを受講したり、彼女の電子書籍「獣医病院向けFacebookの究極のガイド」を読んだりしています。
Danielleは、獣医学の女性が#SnoutSquadイニシアチブを通じて好きなキャリアパスを見つけるのを支援することと、WhiskerCloud.comのビジネス開発担当副社長としての役割との間で時間のバランスを取ります。彼女はVeterinaryTeamBriefとDrAndyRoark.comに頻繁に寄稿しています。

ミーガンブラッシャー

CVT、VTS(ECC)、パデュー大学(米国)

ミーガンは2000年に獣医技術の理学士号を取得して卒業しました。彼女は2000年から救急/クリティカルケアに従事し、2004年に救急/クリティカルケアの獣医技術者専門を取得しました。Meganは現在、インディアナ州ウェストラファイエットにあるパーデュー大学獣医教育病院で小動物獣医看護マネージャーとして働いています。技術者の監督者だけでなく、病院のフロアで技術者や学生を教育および訓練します。
彼女は、旅行や講義の機会が大好きで、医療や管理の経験だけでなく、個人的な経験や、20年間の専門獣医学のストレスを克服するためのヒントも共有しています。

ジャン・S・スチョドルスキ

准教授

Jan S. Suchodolskiは、小動物医学の准教授であり、研究の准ディレクターであり、テキサスA&M大学の胃腸研究所の微生物叢科学の責任者です。彼はオーストリアのウィーン大学でDrVetMedを、テキサスA&M大学で獣医微生物学の博士号を取得しています。
彼はまた、American College of Veterinary Microbiologists(ACVM)によって免疫学の認定を受けています。彼の研究は、胃腸疾患のバイオマーカーの開発と腸内細菌叢の調節のための治療アプローチに焦点を当てています。彼は、獣医の胃腸病学とマイクロバイオーム研究の分野で240を超える査読記事を執筆または共同執筆しています。

ジェイソン・コー

カナダ、オンタリオ州グエルフ、グエルフ大学50 Stone Road East、オンタリオ獣医大学、人口医学部准教授N1G 2W1

ジェイソン・コー博士は、オンタリオ獣医大学の准教授です。 2001年に大学を卒業した後、彼は混合動物の診療から戻り、2008年に獣医コミュニケーションの分野で博士号を取得しました。
同じ年に、ジェイソンは人口医学部の教員としてオンタリオ獣医大学に加わり、そこで彼は人間と動物の関係と獣医ケアの結果に関する対人コミュニケーションの役割を調べる活発な研究プログラムを確立しました。大学での現在の役割では、獣医プログラムの4年間すべてにわたって臨床コミュニケーションのカリキュラムを調整し、人と動物の間に存在する関係について学生に教えることに携わっています。過去10年間で、ジェイソンは獣医コミュニケーション、プライマリケア獣医学教育および人間と動物の関係の理解における彼のリーダーシップで国際的な評判を確立してきました。ジェイソンは60以上の査読付きジャーナル記事を発表し、いくつかの本の章に寄稿し、科学的および継続教育会議で国内外で講演するよう定期的に招待されています。彼の多くの業績の結果として、ジェイソンはオンタリオ獣医大学同窓会によって彼らの著名な若い同窓生の一人として認められました。専門的な活動以外では、ジェイソンは妻、息子、2人の娘との個人的な時間を楽しんでいます。

ジェニファー・ラドセビッチ

博士号、ワールドワイドディレクター、リサーチヒルのペットニュートリション、1035 NE 43rd St、Topeka KS 66617

2012年、Hill's Pet Nutritionは、猫と犬の腸内細菌叢と、栄養が微生物叢をどのように形成できるかを理解するための刺激的な旅に乗り出しました。それはすべて、私たちの情熱的で好奇心旺盛な科学者と、ペットとその微生物叢に最適な栄養を提供する世界的リーダーとしての私たちの役割を拡大するというビジョンから始まりました。
私たちの最初の実験は、私たちの食物がラクトバチルスやビフィズス菌などのマイクロバイオームの特定の属をどのように強化したかを理解するのに役立ちました。現在、私たちの能力は、繊維反応性疾患と腸の健康にプラスの影響を与える特定の栄養を開発するために成長しています。将来の作業により、腸内細菌叢を介して機能する栄養ソリューションを開発し、腸の健康以上のものを強化できるようになります。ペットとペットの微生物叢の両方に栄養を与えることは、全体的な健康に不可欠であり、将来の栄養革新は、最適な結果を得るためにこれらの両方に対処する必要があることは明らかです。ジェニファー・ラドセビッチ博士は現在、ヒルズペットニュートリションのワールドワイドリサーチディレクターであり、ヒルの製品の新技術を開発および加速するための初期の研究チームを率いる責任があります。彼女は、栄養学、栄養学、メタボロミクス、微生物叢などのプラットフォームをさらに研究するために、栄養イノベーション、バイオインフォマティクス、研究所のチームを監督しています。彼女はアイオワ州立大学で生化学/分子細胞および発生生物学の博士号を取得し、米国飼料産業協会の前会長およびアイオワバイオテクノロジー協会の副会長として協会で指導的地位を占めてきました。彼女は現在BioKansas組織のメンバーです。彼女は、アグリビジネス、ヒューマン、ペットフード市場でのさらなるビジネス目標にイノベーションを活用した20年以上の業界経験があります。

ニック・ケイヴ

DipACVN、PhD、MVSc、BVSc

Nick Caveは、1990年にBVScを取得してマッセイ大学(NZ)を卒業し、1997年に小動物内科の研修医としてマッセイに戻り、オーストラリア獣医学部の会員になるまで、6年間一般開業医として働いていました。検査によって。
彼は2000年に獣医学の修士号を取得し、「犬と猫の食物過敏症の栄養管理:タンパク質加水分解物の評価」と題して卒業しました。 2004年に彼はカリフォルニア大学デービス校に移り、そこで彼は「食物摂取の制御におけるエストロゲンの役割、および代理エストロゲンとしてのゲニステインの有効性と免疫学的効果」というタイトルの論文で栄養学と免疫学の博士号を取得しました。性腺摘出後の猫。」同時に、小動物の臨床栄養学の研修医を修了し、2004年に試験によりアメリカ獣医栄養学部の外交官になりました。2005年後半に、彼は小動物の医学と栄養学の上級講師としてマッセイ大学に戻りました。彼は30以上の査読済みの出版物を執筆し、Veterinary Quarterly and Veterinary Education Internationalの編集委員会に所属し、いくつかの国際獣医教科書の章を執筆しています。彼はWSAVA栄養ガイドライン委員会の創設メンバーです。

メガンシェパード

メガンシェパード博士は、2006年にバージニアメアリーランド獣医学大学を卒業し、その後、メリーランド州の馬の個人開業医で2年間練習しました。彼女は栄養学と研究の呼びかけを見つけ、バージニア州メリーランド州に戻って、比較栄養学研修とともに生物医学および獣医学の博士号を取得しました。
シェパード博士は、アメリカンカレッジオブ獣医栄養学の外交官であり、2012年からバージニアメリーランド州の臨床助教授として教職員を務めています。教職員として、シェパード博士は比較栄養サービスを指揮し、獣医の学生に栄養を教えています。彼女の研究対象は、飼い主/介護者にとってより実用的な動物の肥満管理をどのように組み合わせるかです。

ジョセフ・バージス

Joe Bartges博士は、ジョージア大学の医学および栄養学の教授です。彼は、American College of Veterinary InternalMedicineおよびAmericanCollege of VeterinaryNutritionの外交官です。彼は1983年にマーシャル大学を卒業し、1987年にジョージア大学からDVMを取得しました。ミネソタ大学で博士号と博士号を取得したほか、医学と栄養学のインターンシップとレジデンシーを修了しました。
彼はジョージア大学、テネシー大学、コーネル大学の教員を務め、コーネル大学獣医スペシャリストの内科医を務めました。彼の研究対象には、健康と病気および尿路障害における栄養の役割が含まれます。彼はこれらの分野で幅広く出版し、講演を行ってきました。

ジョンK.ディベイズ

MD、FACG医学教授メイヨークリニック医科大学コンサルタント、アリゾナ州スコッツデールの消化器および肝臓学メイヨークリニック

John K. DiBaise、MDは、アリゾナ州スコッツデールのメイヨークリニックの消化器内科および肝臓内科の医学教授およびコンサルタントです。 DiBaise博士は、200以上のオリジナルの記事、レビュー、章、本、社説を出版しています。
さらに、彼は胃腸の運動性と栄養関連障害に焦点を当てた活発な臨床研究者および教育者です。彼は、米国消化器内視鏡学会のフェローであり、米国消化器病学会、米国非経口経腸栄養学会、および米国消化器内視鏡学会の積極的なメンバーです。彼は現在、American Journal of Gastroenterologyの副編集長であり、最近、臨床診療における栄養学の副編集長を務めることを完了しました。彼はJournalof Parenteral and EnteralNutritionの編集委員を務めています。彼は、ネブラスカ大学メディカルセンターで消化器および肝臓学のフェローシップを修了し、アイオワ州アイオワシティのアイオワ大学病院およびクリニックで内科の大学院研修を修了しました。 DiBaise博士は、ネブラスカ州オマハのネブラスカ大学医学部で医学の学位を取得し、イリノイ州エバンストンのノースウェスタン大学で学士号を取得しました。

スタンレーマークス

BVSc、PhD、DACVIM(内科および腫瘍学)、DACVN

スタンマークス博士は南アフリカのプレトリア大学を卒業し、ミズーリ大学(コロンビア)で病気と小動物の手術のインターンシップを修了しました。
彼はフロリダ大学の小動物内科プログラムおよびカリフォルニア大学デービス校の腫瘍学の分野の居住者でした。マークス博士は、カリフォルニア大学で栄養学の博士号を取得し、現在は医学疫学部の教授を務めています。彼は、内科および腫瘍学の専門分野における米国獣医内科(ACVIM)の認定メンバーであり、米国獣医栄養学部(ACVN)の認定メンバーでもあります。彼はコンパニオンアニマル胃腸のディレクターです。クロストリジウム属菌による感染症に特に重点を置いて、細菌性下痢の背景に関する知識を拡大することに焦点を当てた研究室。さらに、マークス博士の関心には、犬の嚥下障害の診断と治療が含まれます。

スーザン・ウェルニモント

博士号、修士号、RDN

Susan Wernimont、PhD、MS、RDNは、Hill's Pet Nutrition、Inc。のGlobal Clinical Nutrition、Claims&Clinical Studiesグループの主任研究員です。彼女は、アイオワ州立大学で栄養科学と農業生化学の学士号を取得しています。コーネル大学で栄養生化学の修士号と人間栄養学の博士号を取得。
彼女は登録栄養士栄養士であり、ヒューストンのテキサス医療センターで栄養士のインターンシップを修了しました。 2010年から2012年まで、ウェルニモント博士はファイザーニュートリションの臨床研究プラットフォームリードおよび栄養科学者の役職を務め、2012年から2016年まで、ウェルニモント博士はネスレニュートリションの臨床研究の主任科学者の役職を務めました。両方の役割で、彼女は複数のイノベーションおよびテクノロジープラットフォームで主任臨床科学者を務めました。彼女は2016年にHill'sPet Nutritionに参加しました。彼女の関心分野には、臨床研究、ウェアラブルデバイス、栄養遺伝学、およびマイクロバイオームに対する食事の影響が含まれます。

Caitlin DeWilde

Caitlin DeWilde博士は、獣医師であり、獣医の専門家がソーシャルメディア、オンラインの評判、マーケティング戦略を管理および成長させるのを支援することに専念するコンサルティング会社であるThe SocialDVMの創設者です。彼女は、小動物および大動物の獣医診療所、国内の業界団体、非営利団体、および個々の獣医と提携して、オンラインおよび実践で成功するための実用的で創造的な戦略を作成しています。

彼女はイリノイ大学獣医学部を卒業し、優秀な若い卒業生賞を受賞しています。彼女はまた、AVMAのフューチャーリーダーズプログラムの卒業生でもあります。彼女の自由な時間には、旅行、写真撮影、そしてもちろん、ソーシャルメディア上の多くの陽気なコーギーや猫関連のビデオを楽しんでいます。

キャロライン・マンスフィールド

キャロライン・マンスフィールド博士は、パースのマードック大学を卒業し、オーストラリアと英国で動物と小動物の混合診療に従事した後、ダブリンのユニバーシティカレッジで小動物医学の3年間の研修を修了しました。彼女はその間に胃腸病学に興味を持ち、2001年にオーストラリアに戻って以来、その臨床と研究への情熱を続けてきました。
2001年から2010年まで、彼女はマードック大学で臨床登録官として、その後講師/上級講師として雇用されました。彼女は2010年後半にメルボルン大学に移り、小動物医学の責任者を務め、現在はU-Vet病院の教授兼所長を務めています。彼女の研究グループは、内分泌および外分泌膵臓の両方の犬の炎症性腸疾患に関与する臨床研究プロジェクトの調査メカニズムに関与し、腸内細菌叢が犬の健康と病気に与える影響を確立しています。彼女は内科の理事会認定を受けており、2001年に欧州獣医内科大学の卒業証書を取得しています。キャロラインはオーストラリアのニュージーランド獣医学部の元学長であり、国立獣医学試験の審査委員会のメンバーです( Australasian Veterinary Boards Councilの一部として)およびVetCompass Australiaの理事会メンバーとして、ビッグデータを使用して品種関連の健康と病気を追跡しています。

カーティス・フッテンハワー

カーティス・フッテンハワー博士は、ハーバード大学公衆衛生学部の生物統計学および免疫学および感染症の教授であり、ブロード研究所の準会員です。彼は、ハーバード大学公衆衛生マイクロバイオームセンターとHSPHマイクロバイオーム分析コアを共同監督しています。彼はNIHHuman Microbiome Projectに幅広く参加し、IBDの腸内微生物生態系を特徴付ける「HMP2」センターとHuman Microbiome BioactivesResourceを共同で率いています。
彼の研究室は、集団の健康における微生物群集の機能分析の方法に焦点を当てています。これには、メタゲノム、メタトランスクリプトミクス、およびその他の微生物群集のオミクス、IBDなどの自己免疫疾患におけるヒトマイクロバイオーム、および治療的介入のバイオマーカーおよびルートとしてのその可能性を統合するシステム生物学の再構築が含まれます。

ダナ・ハッチンソン

DVM、DACVN

ハッチンソン博士はニューハンプシャー州出身で、ノースカロライナ州立大学で獣医学の博士号を取得しています。卒業後、彼女はタフツ獣医救急治療施設で1年間のローテーション小動物インターンシップを行いました。
ダナは、動物栄養学に専念することを選択した後、タフツカミングス獣医学部でトレーニングを続け、リサフリーマン博士の下で小動物臨床栄養学の研修を修了しました。 Danaは、小動物栄養学(American College of Veterinary Nutritionの外交官)の理事会認定を受けており、現在、マサチューセッツ州ボストンのAngell Animal Medical Centerで臨床栄養学者を務めるほか、Hill's Pet Nutrition in ScientificAffairsで働いています。彼女は、腎疾患、老年医学、および救命救急患者の栄養管理に特に関心を持っています。

ジェニファー・マクレイ

DVM、PhD、DACVIM、Hill's Pet Nutrition、Inc。(米国)

Jennifer MacLeayはオハイオ州立大学を卒業し、当初はミネソタ大学での研修と博士号の一環として、栄養、筋肉、骨の生理学に焦点を当てた大型動物内科を専門としていました。コロラド州立大学の学部に加わった後、彼女の研究は、人間の骨粗鬆症のモデルとして羊を使用して、骨の生理学に対する栄養の影響にまで拡大しました。
食事の酸塩基代謝とカルシウム生理学の彼女の理解は、最終的に彼女をヒルズペットニュートリションに導き、そこで彼女はFIC、ストルバイトとシュウ酸カルシウム尿路結石の管理のためのc / dマルチケア、体重減少のための代謝、シニアペットのための若々しい活力を含む画期的な研究を主導しました環境アレルギーの管理のためのダームディフェンス。グローバルクリニカルニュートリショングループのメディカルディレクターとして、臨床試験の設計と実施だけでなく、基礎研究や製品開発と機能を超えて連携することにより、栄養イノベーションの市場投入を支援しています。